泡の力で洗顔するのがコツになるノンエーについて

No Comments

弱アルカリ性の石鹸となるノンエーは、肌への余計な刺激を抑えるために泡の力で洗顔することが重要となります。

そのため、ノンエーの公式サイトではゴルフボール2個分の泡を作るのがお勧めとされています。

とはいえ、顔に手や指による肌への摩擦を極力減らすためには、顔全体を泡で覆うのがポイントになります。

なので、ノンエーで泡を作る時は、少なくとも顔全体を泡で覆う量の泡を作るのが肌への摩擦を抑えるのに繋がります。

そして、泡を作る時に空洞ができないように、空洞を潰しながらキメ細かい泡を作るのがお勧めになります。

なぜなら、空洞ができた状態の泡だと、顔の汚れや皮脂を十分に取り除けないからです。

また、ノンエーで泡立てる際は、泡立てネットを使うことで短時間でキメ細かい泡を作れるので、洗顔に時間を割くこと無く洗顔を行えます。

そして、ノンエーを泡立てたら、顔全体に泡を押し広げるようにして使います。

泡の力で洗顔するのがポイントになるので、手や指で顔を擦らないように泡を押し広げます。

ちなみに、ノンエーは洗浄力が高いので、泡を押し広げる時は軽く押し広げることで、泡による肌への摩擦を抑えることができます。

泡の力によって洗顔することにより、肌荒れに追われずに毛穴や肌にこびりついた皮脂や汚れを落とすことができます。

そのため、ノンエーを使う際は肌への摩擦を極力減らすことで、肌にできたニキビを改善しやすくなります。

ノンエーの口コミが気になる方はここ!

Categories: ノンエー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です